What’s interesting about Japanese 日本語の面白いところ

日本語は世界でもトップクラスの習得が難しい言語と言われています。
そのため日本語の習得を一度は目指す人は世界中にはいても、実際にペラペラになるまでマスターができる人というのはそう多くはありません。ほとんどの人はその難しさに途中でくじけてしまい、日本語の習得を途中で諦めてしまったりします。ですがそんな中でも、日本語をしっかりと習得し日本人でもびっくりするほど堪能に話すことができるようになる外国人の方もいます。テレビなどを見ていると、そうした日本語のとてもうまい外国人のタレントさんを見かけることもあり、一体どうやって難しい日本語をマスターしたんだろうと尋ねたくなったりします。

日本語をマスターした海外の人の話を聞くと、マスターのためになみなみならぬ努力を重ねてきたことがうかがえます。
あえて日本語しか使えない環境に自分を追い込んだり、一日のうち数十時間も日本語習得に費やしたりといったような、聞いているだけで目の回るような本格的な特訓を自主的に行った結果、驚くほどの日本語能力を手に入れることができるようになったといいます。
そこで気になるのが、一体そこまで勉強をするモチベーションをどうやって維持し続けたかということです。
勉強をする動機が「日本語を習得したい」という一念であるなら、なぜそこまでして日本語を知りたいと思ったかということが問題になります。
しかしそうした日本を習得を果たした人から聞かれるのは「日本語はおもしろいから」といった非常に単純な答えです。僕も同じく日本語の魅力に惹かれて学んでいます。ではその魅力とは何か?まとめてみました

相手との絶妙な距離感

日本語を学ぶ多くの外国人が驚くのが、敬語や丁寧語、謙譲語、タメ語といった相手による言葉の使い分けの複雑さです。さらに女性と男性でも使う言葉に違いがありますし、書き言葉と話し言葉でも違います。

外国人向けの日本語テキストでは丁寧語から教えたり、決まった型を習いますが、実際の生活場面にはそぐわないことも多いわけです。ですから、かなり上級者にならないと使い分けができないという難しさがあります。

この点は、もっとシンプルでストレートな英語などの言語とは大きく異なる点ですね。

日本では、礼儀正しさや思いやり、尊敬といった気持ちを言葉に込めたり、相手によって微妙なニュアンスを表現することが重要です。その文化が、日本語によく現れているわけです。

自然や季節感が生きた言葉

日本語には自然や季節に関する語彙が多いと言われています。例えば、雨なら”小雨”、”時雨”、”夕立”、”春雨”など語彙が豊富です。それは雨の降り方ばかりでなく、まわりの情景まで連想させるもので、とても情緒的です。

また、”入道雲”といえば夏、”鶯”といえば春の季語というように、和歌や俳句には季語があり、手紙は必ず時候の挨拶から始まります。色にも、”山吹色”、”紅色”というように植物の名前がついていますよね。

生活の中で季節感を大切にする心が日本語の文化的背景になっていることは、多くの外国人が感銘を受けるところだそうです。

日本語に独特の言葉

他にも、日本語には外国語であまりみられない特徴があります。

例えば、”しとしと” ”ぶるぶる” ”しーん”といった擬音語や擬態語。オノマトペと言われるこれらの言葉は、日常会話や文章中に頻繁に登場しますし、マンガでもお馴染みです。

状況や音を言葉にするのはとても面白く、外国人にも覚えやすいといいます。

また、数を表す概念がないことも日本語の特徴です。複数形がなく、主語の単複が動詞に影響することもない日本語は、シンプルでわかりやすい言語なのだそうです。

そして、日本語は歴史的に多くの外国語を取り入れてきている言語でもあります。古くは中国から、鎖国の時代でもスペインやポルトガルから多くの言葉が日本語に採用されました。

”さぼる”はフランス語から、”イクラ”はロシア語から……というように、もはや教えられなければ外来語だとわからない言葉もたくさんあります。よく考えると、日本語は実にフレキシブルな言語でもあるのですね。

更に、もっと言語的の視点から見ると、非常に面白いです。

例えば。。。
「動詞の後にさまざまな要素が付く」

同じ「飲む」から作られるさまざまな形をいくつかあげてみましょう。まず、たとえば「飲まない」(「ない」が否定をあらわす)、「飲んだ」(「だ」が過去をあらわす)、「飲んでいる」(「でいる」が進行をあらわす)などのように、否定や時制をあらわす要素が付きます。さらに、たとえば「可能」「使役」「受身」「モダリティ」をあらわす要素も、動詞の後に付きます。「飲める」(可能)、「飲ませる」(使役)、「飲まれる」(受身)、「飲むだろう」(推量)、「飲もう」(意志)などのようにです。英語では、動詞の後に付くのは、-ed,-ing,-sだけで、not,can,mayなどは、動詞とは別のところに置かれますね。アラビがにも非常に似たような動詞につく要素はあるのですが日本語と違って難しくて合理的ではりません。日本語では、それらがすべて動詞の後に付くのです。当然、それらが2つ以上重なって付くこともあります。たとえば、「飲まされなかったはずだ」という場合、「飲む」の後に使役・受身・否定・過去・モダリティと、5つもの要素が付いています。

「語順の自由度が高い」

最も大事な点は《動詞を最後に置く》という点です。これさえ守れば、実は、これ以外の点では日本語の語順はかなり自由で、主語を目的語より後にまわすことなども可能です。

語尾

語尾とは、言葉の最後に来る語のこと。一般的に聞くものからその地方独特のものと、語尾と言っても多種多用で、その語尾を聞くだけで出身が分かってしまうものまである。長い説明は割愛しますが語尾というのが非常に面白くて僕が知るかぎり他の言語にはありません。

他にもここで語りきれない日本語の魅力や面白さがあり余っていて、人によってそれぞれです。これからもさらなる面白さを発見してもっと学びたいと思っています。日本語の学習者の皆さんも日本の方々も自分が日常で使ってる言葉にはどんな面白さがあるのかを再発見してみてください!

Advertisements

4 thoughts on “What’s interesting about Japanese 日本語の面白いところ

  1. いや〜外国人がこのような高度な日本語を書けるなんて素晴らしいです。読んでてて感動しました!
    僕も日本語を20年間ぐらい勉強していますが、MOAZさんが書くような文章は書けずに悔しいくらいです。(まあ、執筆力よりも解読力の方に力を入れてきたこともありますが)。
    僕がどうしてずっと諦めないで頑張ってこれたかというと、ただ単に日本語をいくら勉強しても勉強しきれなくて、そのチャレンジこそが魅力的で達成感もあるからだと思います。逆に数年間だけでマスター出来たとしたら、とっくに別の外国語を勉強してたのかもしません。さてと、MOAZさんに負けないようにもっと書く練習をしないとな。。。

    Like

    1. 僕の年の数ぐらい勉強されていますね!すごいですね。
      僕なんてまだ卵です。
      日本語は勉強すればするだけ、難度が上がるとともに愛するんですよね。因みに日本語は明治維新の時から発展していくために、世界の諸国からあらゆるな考え方を受け入れるようになって、言葉も借用していたので、日本語を勉強すれば言葉ももちろん、世界のことも勉強できると聞いたこともあって、体感しています。
      お互い、もっと日本語を磨いて頑張りましょう。
      よろしくお願いします。

      Liked by 1 person

      1. そうですね、日本語を勉強してると他の国の文化のことも色々と身につきますね。ところで、Moazさんは日本に住んだことありますか?僕はないです。

        Like

Comment here

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s